Copyright@ Kanyoutei Co.,Ltd. All Rights Reserved.

法華経の聖地 身延山久遠寺

  1. HOME > 身延山久遠寺

身延山久遠寺

鎌倉時代、身延山は甲斐の国波木井郷を治める地頭の南部実長の領地でした。日蓮聖人は信者であった実長の招きにより、1274(文永11)年5月17日、身延山に入山し、同年6月17日より鷹取山のふもとの西谷に構えた草庵を住処としました。日蓮聖人はこれ以来足かけ9年の永きにわたり法華経の読誦と門弟たちの教導に終始し、1281(弘安4)年11月24日には旧庵を廃して本格的な堂宇を建築し、自ら「身延山久遠寺」と命名されました。
翌1282(弘安5)年9月8日、日蓮聖人は病身を養うためと、両親の墓参のためにひとまず山を下り、常陸の国に向かいましたが、同年10月13日、その途上の武蔵の国池上にてその61年の生涯を閉じられました。
そして「いずくにて死に候とも墓をば身延の沢にせさせ候べく候」という日蓮聖人のご遺言のとおり、ご遺骨は身延山に奉ぜられ、心霊とともに祀られました。
日蓮聖人のご入滅以来実に700有余年、法灯は綿々と絶えることなく今日におよんでいます。日蓮聖人が法華経を読誦し、法華経に命をささげた霊境、身延山久遠寺。総本山として門下の厚い信仰を集め、広く日蓮聖人を仰ぐ人々の心の聖地として、日々参詣が絶えることがありません。

身延山久遠寺棲神閣祖師堂
御宝前には甘養亭のらくがんがお供えされます。


宗祖御更衣式

宗祖とは日蓮聖人のことをいい、
宗祖の名前を冠して宗派名にしているのは日蓮宗だけです。
それだけ、宗祖日蓮聖人の存在意義が教義に大きく反映しているのです。
御更衣式は聖人の御衣を夏物から冬物の御衣にあらための法要です。
この法要は夏物から冬物と冬物から夏物の年2回行われます。

甘養亭ぶろぐ
近日開始予定!!
身延山御用 御菓子司
甘養亭
 

〒409-2524
山梨県南巨摩郡
   身延町身延3678
TEL : 0556-62-0029
FAX : 0556-62-3243



甘養亭インフォマーシャル
放映中